2014.11.5 来年のスギ・ヒノキ花粉飛散情報

2015年の春のスギ・ヒノキの花粉飛散情報(第1報)が発表されましたので
こちらに掲載いたします。

この予報の数値は、
2014年の6月から8月の気象条件と9月下旬のスギ雄花の花芽調査から算出されます。

b0236692_11381696.jpg


b0236692_1138497.jpg


画像提供
b0236692_11425100.png




関西地方は、
過去の平均値と比べると同レベルですが、
2014年春と比べると若干多くなるようです。

花粉症発症の時期としては、
だいたい2月下旬ごろからかと思われますので、
毎年鼻水鼻づまりなどの症状で悩まされている方は
発症の2週間前から抗アレルギー剤の投薬を開始されることをおすすめいたします。
また、服薬は、症状のあるときだけでなく、
花粉の飛散が終了するまで定期的に続けることが、症状を軽くすませるコツです。

たかが花粉症。
されど花粉症。
重症になってまいりますと、仕事や学業などの業績が低下することがわかっています。

花粉症対策
お悩みの方は、是非一度ご相談ください。
by fujita_clinic | 2014-11-05 00:00 | その他